クリスチャンルブタン買取

クリスチャンルブタン買取ならお任せください

1991年のブランド設立以来、爆発的な人気を誇り、真紅の靴裏「レッドソール」が特徴的な 極上のシルエットで、エレガントかつセクシーなシューズを誕生させ続け、今や世界中の女性を魅了してやまない【クリスチャン・ルブタン】当社ではクリスチャン・ルブタンを強化買取中!他社に差のつく限界の高額査定をご提示いたします!

創業13年、ブランド販売買取専門店"

実店舗だから安心!銀座・高円寺に路面店を構えるアトランティス

アトランティスは今年で創業13年、銀座・高円寺に路面店を構える「ブランド販売買取専門店」です。
シンプルパンプ、ピガール、ベルやイライザ、ヴァンドームなど、クリスチャンルブタンの高価買取なら実績No.1の当社にお任せください。

取扱い商品は定番モノからマニア必見のレアアイテムまで、幅広い品揃えでお客さまをお迎えいたします。
店舗案内はこちら:銀座店 高円寺店

理由があるから高価買取No.1 どこよりも高く買取できる秘密とは!?

アトランティスではいつでもMAX高額買取

他社との買取額を比較するとこんなにお得です!!

例)クリスチャンルブタン パンプス ハイヒール サンダル 16cm

クリスチャンルブタン比較商品

  • 30,000円
  • 32,000円
  • 39,000円

40,000円

煌びやかな足元を演出してくれる
最上級ラグジュアリーシューズブランド
【クリスチャン・ルブタン】強化買取中!

今や数あるシューズブランドの中でも最もラグジュアリー感に溢れたブランド と言っても過言ではないクリスチャン・ルブタン。 芸術品のような優美なフォルム、斬新なデザインの数々は、ため息の出るような 美しさが光り、まるで宝石を足元に纏っているかのようと絶賛されています。 また、ファッション性の高さのみならず、計算され尽くされたデザインで 見た目の繊細さからは想像できない履きやすさも兼ね備えています。 レディース、メンズ、ドレスシューズからカジュアルなスニーカーまで、 どれをとっても格別のオーラを放っています。 ルブタンのお買取をご検討中の方は、ぜひ当社ATLANTIS(アトランティス)へご依頼ください。 お客様に喜んでいただける、他社には真似のできない高額査定をいたします!

24時間365日受付 無料宅配キットのお申込みはこちら

アトランティスの買取対象商品

まとめて売ってさらに買取額UP!

多ければ多いほどお得!

一度にお売りいただく商品の数が多いほど買取額の合計をUPさせていただきます。

まとめて商品をお売りいただくことで、作業効率が上がり余分なコスト削減につながるため、その分をお客さまの買取金額に還元させていただいております。

アトランティスでは多数のブランドを買取しておりますので、ぜひ二点三点とおまとめしてお売り下さい。

たとえば…

  • ルブタン ピガール ポインテッドトゥ パンプス ベージュルブタン ピガール ポインテッドトゥ パンプス ベージュ
    買取価格¥45,000
  • ルブタン ヴァンドーム オープントゥ パンプスルブタン ヴァンドーム オープントゥ パンプス
    買取価格¥40,000
  • ルブタン フォリーズ ヴォーベロアルブタン フォリーズ ヴォーベロア
    買取価格¥35,000
  • ルブタン パロマクラッチルブタン パロマクラッチ"スタッズ付き2WAYチェーンショルダーバッグ
    買取価格¥75,000
Case①個別に買取した場合
¥45,000 + ¥40,000 + ¥35,000 + ¥75,000 = ¥195,000
Case②まとめて買取した場合
¥195,000¥220,000

買取額UP¥25,000

訳あり商品でも大丈夫!

こんな状態でも買取OKです!!

当社では傷や汚れがあるクリスチャンルブタンも積極的に買取しています!
諦める前にぜひ当社までお問い合わせください。

  • 角のキズ
  • 擦れ
  • 汚れ
  • ベタつき
  • 破れ
  • 剥がれ
  • 日焼け
  • シミ
  • 色移り
  • 電池切れ
  • 石の外れ
  • 破損
  • イニシャルや刻印があるもの
  • チェーンが切れたもの
  • ひび割れ
  • 変形
  • 古いデザイン

クリスチャンルブタン買取はお任せください!

どこよりも誠実に買取店No.1を目指しております! アトランティスが選ばれる6つの理由

  • 他社には真似できない高額買取
  • 店頭買取でも高額商品OK!即日現金払
  • 熟練の鑑定士だからできるスピード査定
  • いつでも査定料・手数料など全て無料
  • リピート率94%以上!リピート率の高さ
  • 独自販売ルートと豊富な知識買取実績100万点以上

お客さまの声

おかげさまで累計利用者数100万人突破!

リピート率94.7% お客様満足度97.9%

納得のいく値段で買取してもらいました。

ルブタンを長く愛用していましたが、履かなくなってきたので売ろうと思いました。 アトランティスさんの方でホームページを見て買い取ってもらおうかなと思いました。 私は発送して査定結果を出してもらう感じにしたので、少し時間がかかったかなという印象 でした。そのあとの査定結果での電話対応は、かなり詳しく説明してもらったので私も 納得のいく値段で買取してもらいました。安心して買取してもらったのでまたお願いしよ うかなと思います。ありがとうございます。
(東京都 女性 40歳)

私が査定いたしました。

面倒くさがり屋の私には宅配買取最高でした。

夜、店で働いている時にルブタンのハイヒールをいつも履いていたのですが辞めてから履く機会が全くなくなってしまったので全部まとめて買取ってもらいました!アトランティスさんの店舗が近くにあること知ってたんですけど10足以上あったのでめんどくさくて、初めて宅配買取を使ってみたけど、すっごく便利でした。 靴だし、新品じゃないし、売ってもたいした金額にならないだろうけど捨てるよりはいいかってぐらいの気持ちだったので、買取金額を聞いた時には、ビックリっていうか売ってホントによかったと思いました。まとめて買取してもらったほうが得みたいだし、面倒くさがり屋の私には宅配買取最高でした。また使いたいです。
(東京 27歳/女性)

私が査定いたしました。トレンディバイヤー:青柳

アトランティスさんを選んで大正解でした。

ブランド品が好きな私は飽きるのも早くて、今まではだいたい姉か妹と交換したり、あげたりしていたのですが、2人ともルブタンは好みじゃないし、履きこなせないというので買取店にお願いすることにして色々調べた結果、評判を信じてアトランティスさんにしました。 靴ってわりとかさばるし、何足もとなると結構重いんですよね。 なので初めて宅配買取を利用してみたのですが宅配キットは翌日に届いたし査定の連絡もすぐもらえて、なにより思いのほか良い値段をつけていただけて大満足!アトランティスさんを選んで大正解でした。 近いうちに姉妹のバッグやジュエリーなども合わせて送ってみたいと思っています。 3姉妹そろってなかなか物を処分できないたちだったので、これからだいぶ片付づきそうです(笑) またよろしくお願いします。
(神奈川 31歳/女性)

私が査定いたしました。トレンディバイヤー:渡部
理由があるから高価買取No.1 どこよりも高く買取できる秘密とは!?
期間限定! CHROME HEARTS(クロムハーツ)10%UPキャンペーン
24時間365日受付 無料宅配キットのお申込みはこちら

選べる3つの買取方法

配送保険完備 最大1000万円まで全額補償
LINE@で今すぐ査定。スマホで撮ったら送るだけ♪

クリスチャンルブタン買取について

Christian Louboutin(クリスチャン・ルブタン)は1963年にパリに生まれました。 父親は仕事に忙しく、幼少期のほとんどを母親と3人の姉妹たちという女性ばかりの環境で育ちました。 でもそれは決して悪い結果ではありませんでした。なぜならこの幼少時代にあった環境こそが クリスチャン・ルブタンの女性的感性を豊かにし、現在もデザインをする上のインスピレーションとして役立っているそうです。学校の勉強に興味を持たなかった彼は10代前半の頃からナイトクラブの楽屋で働いたり、 パリという演劇などにに恵まれた環境が身近にあったことから華麗なものを目にすることが日常的でした。 そんなことから、ダンサーの女性達ファッションに興味を持ちはじめたことをきっかけにデッサンやスケッチ を描く日々がはじまりました。とはいえ彼自身は当初、シューズデザイナーやファッション業界に興味はなく 単純にそこで働くダンサー女性達のための靴を作ることに情熱を燃やしていただけでした。 しかし、1970年代後半頃、国立アフリカオセアニア美術館の前で、"美術館の木製の床を傷つけるハイヒールでの入場を禁止する" といった内容の観光客へ向けた看板を見て、その看板に描かれていた ハイヒールが心に残り、その着想を生かし、バックルで締め付け底がついたシューズをデザインをはじめることになります。 彼はそれから暫くの間、そのタイプのシューズのデザイン画を書きつつけていたそう。 そして後に、それが元となったシューズのラインがデザイナーとしてのセールスポイントとなりました。 クリスチャン・ルブタンは10代後半をエジプトとインドで過ごしたのち1981年パリへと戻ると 1982年に〝シャルル ジョルダン〟のアシスタントとなります。 そののち、クリスチャン ディオールやサンローランなど数々の一流メゾンでシューズデザインを手掛けていた〝ロジェ ヴィヴィエ〟の弟子となります。クリスチャン・ルブタンにとってロジェ ヴィヴィエは弟子に なる以前から、シューズデザインの影響を大きくうけた尊敬する一人であったそうです。 そんな下積みでシューズ作りを完璧に習得した彼は独立し、シャネルやエルメス、サンローランといった世界の一流ブランドのレディースシューズデザインを手掛けるようになっていきました。 そして1991年、自身の名を冠したブランド「クリスチャン・ルブタン」を設立し、 ギャルリー・ヴェロドダにオープンいしました。 その記念すべき1号店は、クリスチャン・ルブタンが10代の頃バイトをしていた 1869年開業したパリのミュージックホール、フォリー・ベルジェールを 彷彿とさせる雰囲気を醸し出しています。ギャルリー・ヴェロドダのその場所を手に入れることができたのは 偶然だったそう。そしてその場所を手に入れてなかったら、自身のブランドを創設していなかったでしょうと クリスチャン本人がのちにコメントしています。 ショップをオープンして間もなく、クリスチャン ルブタンの初の顧客となったのはモナコ公女カロリーヌ妃だったと言われており、ブランドの評判が瞬く間に広まっていくのに一役買ったことに間違いありません。 ある記者が、カロリーヌ妃がクリスチャン・ルブタンのシューズについて絶賛している記事を メディアにあげたことがきっかけで、クリスチャン・ルブタンの名はあっという間に世界中に広まっていったのです。その後も顧客はカロリーヌ妃だけにとどまらず、世界各国の著名なアーティストの心を掴み、 次々と多くのセレブが顧客となっていきました。 そして1993年、現在では言わずと知れた「レッドソール」が登場します。 ルブタンのすべてのモデルの靴底(靴裏)は、美しい真っ赤な赤で塗られ、統一されています。 ある日、工場内で完成した試作品を見つめた彼は何か物足りなさを感じ、その理由を考えていたところ その時、隣にいた女性が、赤いネイルを塗っていて、同じものを買って返すからと言って まだ塗り終わっていないのに…と言いながら戸惑う彼女から半ば強引にそれを取り上げ、 その場で完成品の靴裏にその赤いネイルを塗ったとか。 するとその仕上がりは、ルブタンが描いていたハイヒールのイメージと一致したことから 「レッドソール」が誕生。現在アメリカでは商標登録もされ、ブランドアイコンとなりました。 女性のためのシューズを作り続けてきたクリスチャン・ルブタンがメンズのシューズも 展開することとなったきっかけは、歌手であり音楽プロデューサーなども手掛けるミーカ(MIKA)の存在だったそう。公私ともに仲の良い2人。そんな親友とも言えるミーカ(MIKA)の姉たちはルブタンのシューズの大ファンで、ルブタンのハイヒールを履くとテンションが上がるのだと常日頃から話していて、そんな姉たちを見ていたミーカは自分も姉たちのようにルブタンの靴を履いて、いつも以上に気分を高めてステージに立ってみたい! と思ったことからクリスチャン・ルブタンに自分の靴を作って欲しいと頼み込んだそう。 そんなミーカからの言葉を聞くまでのクリスチャンはメンズデザインに一切興味がなかったそうです。 しかし、これをきっかけに、男性の中にもショーガールのようなエレメントが存在すると理解し、 制作する決意をしたそうです。そしてもちろん世の男性たちの心を掴むのにも時間はかかりませんでした。 日本国内においても2016年11月に東京・銀座にはメンズブティックもオープン、 その人気の高さがうかがえます。 レディースシューズブランドとして不動の地位を築いたクリスチャン・ルブタンですが 現在では財布「パネトーネ」は入荷するたびに完売続出する人気が続いていたり、バッグ、コスメ、香水と 展開を広げ、どのアイテムをとっても、飛ぶ鳥を落とす勢いという言葉がぴったりの人気ラグジュアリーブランドとなっています。 今後も人気確実と言えるクリスチャン・ルブタンの製品を当社【アトランティス】は強化買取中です!! あまりの人気の高さから中古市場でも出回りが少ない商品も多く、当社では、どこにも負けない高額査定・高価買取を実施しております!もし、ご不要になったルブタンの財布やシューズ、バッグなどをお持ちでしたら、 傷があってもかまいませんし、購入時期やレディース、メンズも問わず、お買取りが可能ですので、是非一度、当社にご相談ください。店頭買取のほか、お気軽にご利用いただけるLINE査定や宅配買取、高額のお品物などで配送がご不安な方には出張買取など、すべて無料で承っております!!
お問い合わせだけでも大歓迎 お気軽にお電話ください !

0120-555-351

11:00~19:00(年末年始除き無休)