マイクログッチシマ買取

マイクログッチシマ買取ならお任せください

グッチ シマよりもGG柄が小ぶりで控えめにブランドを主張したデザインの「マイクログッチシマ」!2011年に登場し、程よくシンプル寄りのデザインを好む方から特に人気の高いモデルです。マイクログッチシマの買取も、当社アトランティスが他社圧倒の高価買取をいたします!まずはお気軽に無料査定をお試しください!

理由があるから高価買取No.1 どこよりも高く買取できる秘密とは!?

アトランティスではいつでもMAX高額買取

他社との買取額を比較するとこんなにお得です!!

例)グッチ マイクログッチシマ 二つ折り長財布

グッチ マイクログッチシマ 二つ折り長財布

  • 18,000円
  • 20,000円
  • 22,000円

30,000

GG柄が程よくブランド主張してくれる
『マイクログッチシマ』
納得の高額買取ならアトランティスへ!

【GUCCI SSIMA=最上のグッチ】という意味を持ち、高級カーフレザーにGG柄型押グッチロゴでグッチ好きにはたまらない大人気アイテム。そのGG柄を控えめに主張し登場したのが『マイクログッチシマ』です!落ち着いた上品な色味から光沢のあるものまで高級感ある上質レザーの印象はそのままにワンクラス上のセンスが光るさりげなさがオシャレな逸品です。当社アトランティスではマイクログッチシマを積極的にお買取りをさせていただきますので、是非一度、当社アトランティス(ATLANTIS)にお問い合わせください!

24時間365日受付 無料宅配キットのお申込みはこちら

アトランティスの買取対象商品

まとめて売ってさらに買取額UP!

多ければ多いほどお得!

一度にお売りいただく商品の数が多いほど買取額の合計をUPさせていただきます。

まとめて商品をお売りいただくことで、作業効率が上がり余分なコスト削減につながるため、その分をお客さまの買取金額に還元させていただいております。

アトランティスでは多数のブランドを買取しておりますので、ぜひ二点三点とおまとめしてお売り下さい。

たとえば…

  • グッチ GG柄 ショルダーバッグ レディース レザーグッチ GG柄 ショルダーバッグ レディース レザー
    買取価格¥30,000
  • グッチ GGリボンウェブディティール 二つ折り財布グッチ GGリボンウェブディティール 二つ折り財布
    買取価格¥35,000
  • グッチ ジュエリー ペアリンググッチ ジュエリー ペアリング
    買取価格¥50,000
  • グッチ 子供服 ウールセーターグッチ 子供服 ウールセーター
    買取価格¥8,000
Case①個別に買取した場合
¥30,000 + ¥35,000 + ¥50,000 + ¥8,000 = ¥123,000
Case②まとめて買取した場合
¥123,000¥140,000

買取額UP¥17,000

訳あり商品でも大丈夫!

こんな状態でも買取OKです!!

当社では傷や汚れがあるグッチも積極的に買取しています!
諦める前にぜひ当社までお問い合わせください。

  • 角のキズ
  • 擦れ
  • 汚れ
  • ベタつき
  • 破れ
  • 剥がれ
  • 日焼け
  • シミ
  • 色移り
  • 電池切れ
  • 石の外れ
  • 破損
  • イニシャルや刻印があるもの
  • チェーンが切れたもの
  • ひび割れ
  • 変形
  • 古いデザイン

グッチ買取はお任せください!

どこよりも誠実に買取店No.1を目指しております! アトランティスが選ばれる6つの理由

  • 他社には真似できない高額買取
  • 店頭買取でも高額商品OK!即日現金払
  • 熟練の鑑定士だからできるスピード査定
  • いつでも査定料・手数料など全て無料
  • リピート率94%以上!リピート率の高さ
  • 独自販売ルートと豊富な知識買取実績100万点以上

お客さまの声

おかげさまで累計利用者数100万人突破!

リピート率94.7% お客様満足度97.9%

信頼できるショップだなと思いました。

同じタイミングで同じバッグを人からいただいてしまい…迷いながらも、どれくらいの金額になるのか検討もつかなかったので、ひとまず査定だけでも…とこちらと別のお店にメール査定をお願いしました。未使用品なのがよけいに良かったんだとはわかりますが、もう一つのお店よりもだいぶ高額査定をしてくださったので売ってしまうことにしました。宅配の買取キットの到着も、こちらが品物を送ってからも、すべてが驚くほど速くて丁寧な対応だったので信頼できるショップだなと思いました。また何かありましたらお願いします。
(千葉県 32歳 女性)

私が査定いたしました。
理由があるから高価買取No.1 どこよりも高く買取できる秘密とは!?
24時間365日受付 無料宅配キットのお申込みはこちら

選べる3つの買取方法

配送保険完備 最大1000万円まで全額補償
LINE@で今すぐ査定。スマホで撮ったら送るだけ♪

マイクログッチシマ買取について

『 最上の伝統を最上の品質で、しかも過去の良いものを現代に反映させる商品作り 』というコンセプトのもと、ラグジュアリーブランドとして不動の人気を誇り続けているグッチ。品質保証を示す為に世界で初めてデザイナーの名前を入れ、商品を発売したことからグッチはブランドの元祖とも呼ばれています。グッチオ・グッチの考案した自らの頭文字を使用したダブルGのモノグラムが有名です。そんなグッチのはじまりは1881年、創業者グッチオ・グッチはフィレンツェで生まれました。父親であるガブリエロ・グッチはフィレンツェで麦藁帽子の製造会社『ガブリエロ』という小さな企業の社長でしたが、グッチオ・グッチはイギリスのロンドンでひと旗揚げようと、蒸気船機関助士として働きながらロンドンに移住しました。ロンドンの労働者としては最下級だったが、最高級ホテルのサボイ・ホテルに勤務します。やがてグッチオ・グッチはサボイ・ホテルの皿洗いから1階のウェイターに出世。それでも低賃金でしたが、サボイ・ホテルは王侯貴族御用達ホテルだった為、チップに不自由せず生活には苦労しませんでした。それだけではなく、王侯貴族の立ち居振る舞いなどを間近で見ることで、物の考え方から持ち物などを多くを学ぶことができたのです。さらに『 原価は何も意味を持たない。むしろ商品の値段が高ければ高いほどそれを所有する事の価値も高くなる 』ということを最も学びました。この経験は後に、ブランドビジネスに大いに活かされることとなります。多くをイギリスで学びグッチオ・グッチは1901年にフィレンツェへ戻ります。帰国後、いくつかの商店で働くも、第一次世界大戦の始まりに徴兵されました。大戦後となる1919年、フィレンツェへ再び戻り、高級レザーを扱う店で職を得て、皮革の扱い方を学びました。そして1921年、トスカーナ地方の熟練した職人たちが作る上質な革製品と英国から輸入したカバンの販売とその修理も手掛ける小さな店を創業します。グッチオ・グッチはこのカバンの修理をすることによって、壊れやすい箇所や、どう作れば良いものができるかなど、旅行カバンの作り方などの研究や、使いやすく丈夫なカバンを作る技術をこの時、学んだのです。そして1923年、グッチの店名を掲げる。オープンから数年、瞬く間にグッチオ・グッチの乗馬からインスパイアされ生み出された皮革商品であるハンドバッグやトランク、シューズ、ベルトなどのコレクションを求めて世界各地から顧客が訪れるようになりました。ホースビットのデザインが誕生したのもこの頃であり、のちにグッチデザインのアイコンとなったのです。1940年代に入り、第二次世界大戦中の影響でイタリアで物資不足に直面。経済制裁されたイタリアでレザーが不足したことでグッチの生産にも影響が出たのです。貴重なレザーを少しでも使かわず、なおかつグッチの品質を保ったアイテムを。と職人達からの革新的なアイデアから生まれた、持ち手に竹を使用したバンブーバッグを発表。これがブランドを代表するヒット商品の1つとなり、またキャンバス地にコーティングを施した素材で、馬具の腹帯を表したグリーンとレッドの縞タッグはもまた人気を博し、現在でもグッチと一目でわかるアイコンとなり使用され続けています。そして1953年夏グッチオ・グッチはこの世を去りました。グッチオ・グッチには非常に沢山の逸話が残されていますが、有名な話しの一つはイタリア訪問中のエリザベス2世がショップを訪問した際、女王付の側近が彼に「 何か陛下にプレゼントを 」と進言したので、カバンを女王にさしあげたのだが、女王一行が去った後、報道陣が居るにもかかわらず「 金も払わん乞食はもう来るな 」と発言をしたという。このように奇矯な言動が目立つグッチオ・グッチでしたが、職人からは絶大なる信頼を得ており、彼もまた職人を信頼していました。その証拠に、材料費さえ払えば職人が妻や娘や恋人にカバンを作っても良いと言う日が過去にあったといいます。これはグッチの製品が職人の家族たちにとっては、中々手の届きにくい物であったことから、グッチオ・グッチが考え付いた職人の家族たちへの愛情であり、サービスと言われています。グッチオ・グッチの死後は息子たちに経営が引き継がれ、1960年代に入り、有名な〝インターロッキングGGロゴ〟が採用され、1965年にはビットモカシン、1968年はレディースアパレル、その後、香水も発表するなど着々とラインナップを増やし、ロンドン、ビバリーヒルズなどにも多数ショップをオープンさせていきました。そして、1970年代には、かねてからの目標であった極東地域への進出を果たし、東京と、香港にもショップをオープンしました。しかし、1980年代に親族間でグッチの運営をめぐる争いやスキャンダルにより深刻な経営の危機に陥ってしまうのですが、その後、様々な歴史を経て1990年代に入り、グッチ・アメリカ社の社長だったドメニコ・デ・ソーレがCEOに昇格し、1994年にトム・フォードがクリエイティヴ・ディレクターに就任。その新進気鋭のデザイナーと呼ばれていたトム・フォードの活躍によりデザインが一気に人気を集めることとなりました。その後もドメニコ・デ・ソーレの経営手腕もありグッチは事業急速に拡大させていきました。しかし約10年間ドメニコ・デ・ソーレとトム・フォードは2004年の春に退任しています。ブランドコントロールの問題で親会社との話し合いがうまくいかなかったことが原因と言われていますが、彼らによって復活を遂げたグッチというブランドは、その後も現在まで新たなるクリエイティヴ・ディレクターらが就任し次々と新しいコレクションを発表し人気商品を誕生させ続けています。バッグ、アクセサリー、時計など世界的な高級ブランドとして今なおグッチは愛され続けています。当社アトランティス(ATLANTIS)では確かな鑑定力を持ったバイヤーが状態等問わず「マイクログッチシマ」を高額査定・買取いたします! グッチ製品の買取ならアトランティスにぜひお任せください!!
お問い合わせだけでも大歓迎 お気軽にお電話ください !

0120-555-351

11:00~19:00(年末年始除き無休)