クロムハーツ ジャケット&アウター買取

クロムハーツ ジャケット&アウター買取ならお任せください

本来はバイク乗りが着ていたバイクスーツのようなフィット感の強いクロムのジャケットは、美しいボディラインを強調出来るアイテムとして独特の存在感を放ちます。アトランティスではクロムハーツの定番からカスタム品まで幅広く買取しております!

高価買取中のクロムハーツ

その他のアイテムを表示

理由があるから高価買取No.1 どこよりも高く買取できる秘密とは!?

随所にシルバーをちりばめた至高の逸品 クロムハーツのジャケット&アウター 最強の高価買取なら是非、当店へ!!

クロムハーツのアウターと言えば、シルバーアクセサリーをラグジュアリー層へと押し上げたブランドですが、ブランド設立のきっかけとなったのはデザイナーのリチャード・スターク(Richard Stark)自身がバイクに乗る際に着用するためのレザーパンツなど洋服を作ることから始まり、商品としても元々はレザーが主役のブランドであることからも じつはシルバー以上にレザーこそがクロムハーツのシンボリックなアイテムとも言われています。 また、彼はその昔、レザー製品のセールスをしていたこともあり、レザーに関しての知識にも優れているのです。 シルバーアクセサリーが登場したのも、当初はレザーパンツやライダースなどに必要なパーツ(ジッパーやボタン等)をシルバーで作るといったこだわりの延長からなるものでした。 背中など随所にシルバーモチーフを打ちこんだ、大胆かつ豪華な唯一無二のオーラを放つクロムハーツのライダース。 そもそもジップの引手など洋服の金具もシルバー製で作ってしまうことが贅沢そのもの。 代表的なモデルといえば創業当初から生産されているライダースジャケット『JJ DEAN』やウエストベルトのないシンプルなダブルライダース『BASIC MOTO』 などがあげられます。また、リチャード・スタークの妻であると同時にクロムハーツの広告ビジュアルもすべて手がけているクリエイターローリー・リン・スタークの名を冠したレディースのライダースジャケット『JACKET MOTO LAURIE LEATHER』なども有名です。 クロムハーツ定番の革で人気の高い"ヘビーレザー"や"デストロイレザー"などヘビーウエイトでカラーは"黒"というイメージが強いかもしれませんが、柔らかで軽いラムレザーなどを用いたタイプも展開するほか、ダブルライダースのみならずシングルライダース、キルティング加工を施したデザインなど激レア品も含めるとかなり豊富なラインナップ。カラーも黒ばかりでなく、白やブラウン、シルバーなどもあります。 ライダース以外にもヘビーレザーのハンティングジャケットやムートンコート、ワックスコットンとレザーで仕立てられたジャケットなどレザーのアウターだけでもバリエーション多数。レザー以外ではクロムハーツでも人気のミリタリージャケット"チェリーボム"をはじめ、デニムジャケットやナイロン製のキルティングジャケットなど、クロムハーツを深く知れば知るほど、こんな洋服もあったんだ!!と思えるほどその種類の多さとクリエイティビティに驚かされるはずです。 また、日本にクロムハーツが上陸しはじめた当初はサイズ感が大きく、それが着こなしの壁になっていたこともありましたが、日本人の骨格に合わせ修正された「VJ(バージョンジャパン)」が登場してからは、日本人でもジャストフィットする1着が選べるようになり、ますます人気が高まりました。 世界中のセレブもこぞって夢中になるラグジュアリーなクロムハーツのアウター。是非一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

24時間365日受付 無料宅配キットのお申込みはこちら

アトランティスの買取対象商品

まとめて売ってさらに買取額UP!

多ければ多いほどお得!

一度にお売りいただく商品の数が多いほど買取額の合計をUPさせていただきます。

まとめて商品をお売りいただくことで、作業効率が上がり余分なコスト削減につながるため、その分をお客さまの買取金額に還元させていただいております。

アトランティスでは多数のブランドを買取しておりますので、ぜひ二点三点とおまとめしてお売り下さい。

たとえば…

  • クロムハーツ スペーサーフォーエバーリング 6mmクロムハーツ スペーサーフォーエバーリング 6mm
    買取価格¥13,000
  • クロムハーツ 3セメタリークロス 長財布 Aランククロムハーツ 3セメタリークロス 長財布 Aランク
    買取価格¥100,000
  • クロムハーツ レザージャケットクロムハーツ レザージャケット
    買取価格¥330,000
  • クロムハーツ タイニーファットクロス パヴェダイヤ 22Kクロムハーツ タイニーファットクロス パヴェダイヤ 22K
    買取価格¥450,000
Case①個別に買取した場合
¥13,000 + ¥100,000 + ¥330,000 + ¥450,000 = ¥893,000
Case②まとめて買取した場合
¥893,000¥1,020,000

買取額UP¥127,000

訳あり商品でも大丈夫!

こんな状態でも買取OKです!!

当社では傷や汚れがあるクロムハーツも積極的に買取しています!
諦める前にぜひ当社までお問い合わせください。

  • 角のキズ
  • 擦れ
  • 汚れ
  • ベタつき
  • 破れ
  • 剥がれ
  • 日焼け
  • シミ
  • 色移り
  • 電池切れ
  • 石の外れ
  • 破損
  • イニシャルや刻印があるもの
  • チェーンが切れたもの
  • ひび割れ
  • 変形
  • 古いデザイン

クロムハーツ買取はお任せください!

どこよりも誠実に買取店No.1を目指しております! アトランティスが選ばれる6つの理由

  • 他社には真似できない高額買取
  • 店頭買取でも高額商品OK!即日現金払
  • 熟練の鑑定士だからできるスピード査定
  • いつでも査定料・手数料など全て無料
  • リピート率94%以上!リピート率の高さ
  • 独自販売ルートと豊富な知識買取実績100万点以上

お客さまの声

おかげさまで累計利用者数100万人突破!

リピート率94.7% お客様満足度97.9%

息子の服が良く分からなかったのですが

転勤に伴って家を出た息子の部屋を片付けたところ洋服がかなり残っていたのですが処分してと言われました。「売ればいいお小遣いになるかもよ、お母さんにあげる」と言われたので洋服の買取をしてくれるお店をネットで探していたのですが、その途中でアトランティスさんを見つけました。私には良く分からなかったのですがクロムハーツと言うブランドのジャケットらしく親切に色々説明して下さいました。価値の分からない私に対して本当に親切に説明して下さり、他店の査定額と比較してもらって構いませんよ。とまで言って下さりその他に持ち込んだ洋服も一点一点金額を分かりやすく出して下さいました。一応お言葉に甘えて他のお店と比較してみましたがアトランティスさんの方が高額でした。クロムハーツに力を入れているとおっしゃっていたのでそのせいかもしれません。私にとっては本当にいいお小遣いになって嬉しかったです、このお金は息子の為に貯金しようと思います。この度は本当にお世話になりました。ありがとうございました。(東京都 59歳 女性)

私が査定いたしました。
理由があるから高価買取No.1 どこよりも高く買取できる秘密とは!?
24時間365日受付 無料宅配キットのお申込みはこちら

選べる3つの買取方法

配送保険完備 最大1000万円まで全額補償
LINE@で今すぐ査定。スマホで撮ったら送るだけ♪

ジャケット&アウターの買取について 

カジュアルで比較的、低価格なジュエリーといった印象が強かったシルバーアクセサリーを今ではすっかりラグジュアリーブランドとして格付けた1988年創立のクロムハーツ。 クロムハーツの創立者でデザイナーでもあるリチャード・スターク氏は大のハーレー好きとしても知られていますが、洋服に対しても、ただファッションとしてレザーアイテムを「着る」という目的で購入するわけではなく「バイクに乗るから買う」というスタンスだという根っからのバイカーだ。 ブランドを立ち上げる以前、バイク好きが高じて、単純に自身のためのレザーパンツとジャケットを作って身に着けていたところ、友人や知人などから自分にも作って欲しいと言われ、何着も作っていったことがきっかけとなり、その流れから自然とクロムハーツが生まれたんだそう。 また、最初はパンツやジャケットから始まった服作りでしたが、リチャードは基本的に個性のないありふれた物を身につけることがあまり好きではなかったため、おのずと必要な洋服を次々と作るようになっていき、そこからまた家具雑貨など様々なアイテム展開へと発展したといいます。 愛娘が誕生してからは、彼女のためにおむつカバーからTシャツ、ジャケットパンツ、おもちゃまであらゆる子供服やアイテムも作って楽しいんでいるそう。 一般的にはクロムハーツと言えばシルバーアクセサリーといったイメージが強い方が多いとは思いますが、実用性に優れ、品質の高いレザーアイテムこそがブランド発足の軸にあるため、クロムハーツマニアの間ではレザーアイテムこそがクロムハーツ最大の魅力とも言われています。財布やバッグはもちろんですが、ライダースやブーツなどの存在感たるやハンパじゃありません。" 上質、丈夫、重厚感 " 3つのJとでも掲げたくなる秀逸品ばかりがこれまで数々登場しています。 日本で初めてクロムハーツの取り扱いをスタートしたのはあの"コムデギャルソン"でした。 そういった点においてもクロムハーツがいかにファッション性の高いブランドであることの証しとも言えるでしょう。1991年の春夏コレクションには、リチャード本人もランウェイに出演。その際、シャツのボタンをクロムハーツに付け替えて敬意と感謝を表現したそうです。その後もクロムハーツとギャルソンはTシャツやライダースなどコラボレーションを発表しており、現在でも稀少アイテムとして中古市場などにおいても人気があります。 大量生産というものを好まないリチャードは、これまで、ものによってはたった1、2点しか制作していないものもあるほど。自分たちが作ったものを好きになってもらえたら嬉しい。というブレない考えのもと、制作を続けているため各種、生産数が少ないアイテムも多いことから、品質の高さに加え、稀少価値を生み、より一層の満足感を与えてくれるのでしょう。 海外に比べ、日本の特徴のひとつと言えるのは、高額にもかかわらず若い年齢層の人たちもクロムハーツを身に着けていること。注目を集める世代の彼らに受け入れられるのは最高なこと。そして、10年20年後も身につけていてくれたらいいな。とリチャード。また、クロムハーツは高額かもしれないけれど、10年も経てばそれが高くないことをわかってもらえるはず。と以前からコメントしているように品質への相当な自信があるからこそ発信できるこの言葉に信頼性を感じますね。 リチャードは現在でももちろんデザインを手掛けているわけですが、アイデアに行き詰まることはないと言います。 一生かかっても実際の形にしきれないほど次々と新しいアイデアが思い浮かんでいるというのですから、今後クロムハーツからどういったアイテムが展開されていくのか楽しみですね。
お問い合わせだけでも大歓迎 お気軽にお電話ください !

0120-555-351

11:00~19:00(年末年始除き無休)