ロレックス - エクスプローラー買取

ロレックス(ROLEX) エクスプローラーはその名の通り「探検家」のために開発された、過酷な環境においてもその精度を損なわない、堅牢さと実用性を重視したロレックス定番ともいえるモデルです。
高級腕時計の定番ロレックス エクスプローラーの買取なら、高額査定・高価買取の実績No.1のアトランティスにお任せ下さい。

【期間限定】超得キャンペーン 商品1点につき1万円プレセント!
理由があるから高価買取No.1 どこよりも高く買取できる秘密とは!?

アトランティスではいつでもMAX高額買取

他社との買取額を比較するとこんなにお得です!!

例)216570 エクスプローラーⅡ 白文字盤 

216570 エクスプローラーⅡ 白文字盤 

  • 515,000円
  • 526,000円
  • 537,000円

560,000

アンティーク・ロレックスの傑作

常に安定した買取相場が確立されているロレックス、その中でも幅広い層から高い支持をあつめるエクスプローラー。

特に1963~1988年製造の『Ref.1016』はアンティーク・エクスプローラーIの傑作とも言われ、幅広いライフスタイルにマッチするモデルとして圧倒的な人気を誇っています。

ロレックス エクスプローラーの買取を一層強化するため、他社に負けない高額査定・高価買取をお約束します!

24時間365日受付 無料宅配キットのお申込みはこちら

アトランティスの買取対象商品

まとめて売ってさらに買取額UP!!

訳あり商品でも時計買取可能です

こんな状態でも買取OKです!!

時計買取に絶対の自信があります!他社で買取を断られた商品でもご相談ください!

  • ベルトが
    ボロボロ
  • ガラスが
    割れている
  • 目立つ傷が
    ついている
  • 保証証や
    箱がない
  • シミやサビが
    ある

時計買取でアトランティスが選ばれる理由

どこよりも誠実に買取店No.1を目指しております! アトランティスが選ばれる6つの理由

  • 他社には真似できない高額買取
  • 店頭買取でも高額商品OK!即日現金払
  • 熟練の鑑定士だからできるスピード査定
  • いつでも査定料・手数料など全て無料
  • リピート率94%以上!リピート率の高さ
  • 独自販売ルートと豊富な知識買取実績100万点以上

お客さまの声

おかげさまで累計利用者数100万人突破!

リピート率94.7% お客様満足度97.9%

買い替えの際には、またお願いしたいです。

ロレックスのエクスプローラーⅠを買取ってもらいました。 自分で初めて購入した腕時計でなかなか思い入れもあるものでしたが、35歳になるタイミングで 以前から欲しかったデイトナの購入を決めたので補填に。大切に使用してはいましたが、長年愛用していたので どれくらいの金額を出してもらえるのかと、何件かまわった結果こちらが一番よかったので決めました。 ロレックスは中古でも全然売れるとはわかっていましたが思っていたより高く買取ってもらえて嬉しかったです。 買い替えの際には、またお願いしたいです。
(東京都 34歳 男性)

私が査定いたしました。
理由があるから高価買取No.1 どこよりも高く買取できる秘密とは!?
【期間限定】超得キャンペーン 商品1点につき1万円プレセント!
24時間365日受付 無料宅配キットのお申込みはこちら

カンタンわかりやすい!アトランティスの買取方法

配送保険完備 最大1000万円まで全額補償
LINE@で簡単査定

エクスプローラー買取について

世界的時計ブランドROLEXの「エクスプローラー」。

エクスプローラーには「Ⅰ」と「Ⅱ」が存在します。エクスプローラーⅠは探検家用として開発されました。とてもシンプルなデザインになっており、黒の文字盤は視認性が抜群。さらにハードな使用にも耐える頑丈な構造になっているのです。一般的にもそのシンプルなデザインが好評を呼び、どのようなファッションにも合わせやすく、ロレックスの中で最も使いやすいと評価する声も多くあります。

エクスプローラーⅠは時代の変化、技術の進歩によって進化を続けているモデル。

1953年にエドモンドヒラリー卿属する英国遠征隊が世界で初めてエベレストの登頂に成功します。エドモンドヒラリー卿はロレックスのオイスターモデルの腕時計を付けており、同年に誕生したエクスプローラーと時期が重なったこともあり、この世界的快挙と重ねて語り継がれるようになりました。

エクスプローラーのそのステンレス製のボディは屈強な作りになっており、ブラックダイヤルに加え視認性を重視したシンプルなデザイン。発売当初から現在もその基本スタイルがほとんど変わることはありませんでした。

1990年代に発表された「14270」、2000年代の「114270」、そして2010年からの「214270」、この3つは市場でも流通数の多いモデルとなっています。

14270と114270はケースの直径が36mmと小ぶりなサイズ。214270は39mmと若干サイズアップがされています。36mmを好む人は多く、文字盤内に間延び間がなく引き締まって見える、スーツとも相性が良い、小ぶりで主張しすぎない点などが評価されています。

また夜光塗料も異なります。

14270が採用しているトリチウムは、自発光物質であり年数の経過によって光が弱まっていき、色の退色が始まるそう。114270のモデルはルミノバという塗料を使用しており、蓄光塗料であるため半永久的に光を提供してくれる、ということもあり、このモデルを好む人も多いんですね。

また、ブレスレットの部分も注目したいですね。

時代とともに外装も変化しており、「シングルロック」→「ダブルロック」→「オイスターロック」、このように進化をしています。つまりブレスレットの留め具が衝撃により外れにくく、さらに丈夫になっているのです。

さて、2010年には第7代目としてリニューアルモデルが登場しました。36mmから39mmへとサイズアップが施され、耐震装置であるアラフレックスショック・アブソーヴァも装備され、冒険家へ向けた性能は格段にパワーアップしたといえます。

エクスプローラーⅡは、洞窟探検用にⅠの発展型として発表されました。デイト表示に加えリューズガード、24時間針を装備することでさらにプロ仕様へとバージョンアップを果たしました。

Ⅰはとにかくシンプルな時計機能のみだった点に対し、Ⅱは24時間針と日付表示が加わったことにより、磁力の影響でコンパスが使えない際も24時間針がコンパスの代わりとなってくれるのです。

発売されたのは1972年と、Ⅰが誕生してから19年後のことでした。何故このタイミングでの発表だったのかといえば、Ⅰの人気に衰えが見え始めたからだと言われています。Ⅱを発表後にはⅠにも再度注目が集まるようになり、人気は上昇するようになりました。

洞窟内で太陽光が届かないため、時刻が昼か夜か判断が難しくなるそうです。エクスプローラーⅡはその面もカバー。24時間表示のベゼルと24時間針はそのためにもあったのですね。

特にレアとして人気が高いのは2代目のRef.16550。アイボリーがかった文字盤のデザインは2年で生産が終了し、コレクターの間では注目度の高いアイテムになっています。

2011年には「Ref.216570」がリニューアル登場も果たし、20年以上にわたり超ロングセラーとして君臨することとなりました。現行のデザインはファーストモデルを彷彿とするデザインに高い評価が集まっています。

エクスプローラーにも様々なモデルがあったんですね。

当社アトランティスでは定番モデルからレアモデルまで幅広く取り扱っております。
ぜひ一度お気軽にご連絡ください。
お問い合わせだけでも大歓迎 お気軽にお電話ください !

0120-555-351

11:00~19:00(年末年始除き無休)